お歳暮の語源と歴史にみる意味

お歳暮はお歳暮と並んで日本人になじみ深い習慣です。

ではその語源は何でしょうか?中元は、中国由来の言葉で道教に由来する三元の中の一つです。具体的には、地官大帝という神様の誕生日のことで、これが旧暦の7月15日といわれています。

また中元では様々な罪が許される贖罪の行事が催され、地官大帝が地獄の神様であることから死者の罪が許されるとされ『盂蘭盆会』とも結びつきました。インドの仏教には盂蘭盆会の年中行事はありませんが、中国仏教ではこれが取り入れられ日本にも伝来します。

江戸時代には、お盆のお供えをするとともに、お世話になった方々や仕事先に贈り物をする習慣が定着しました。お歳暮を贈るのはお盆とされ、元来旧暦7月15日でしたが日本では明治時代に暦の改定がありました。それに伴って、現在では新暦を用います。

お盆は東日本では7月15日西日本では8月15日とする地域が多く、お歳暮もこれにあわせる考え方があります。近年はお歳暮は手渡しではなく、配送が主流です。当日ではなくそれよりも少し早めに届く様に、手配するのが一般的とされます。

デパートなど全国的には関東の7月15日を標準とし、8月に入ると月遅れと呼ばれることもあります。7月か8月の月初めから15日までに届くように送るのが、スマートなやり方です。

ただし厳密に15日以降に届けてはいけないということもありません。少々遅れてしまったとしても、贈りたい方には素直にお届けするのが適切です。お歳暮は日頃お世話になっている方に謝意をあらわすのに有効な方法といえます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です