デリケートゾーンの脱毛で気を付けたいこと

肌への負担が少ない光脱毛が普及したことから、最近ではエステでデリケートゾーンの施術を行っている女性も多くいるでしょう。デリケートゾーンの脱毛を行うにあたって、気を付けたいことがいくつかあります。

まず施術の際に痛みが発生しやすいという点です。

光式の機械は皮膚の下にある毛根へ強いダメージを与えます。

これによって脱毛ができるのですが、当然肌にも大きなダメージが与えられてしまいます。



とくにデリケートゾーンは敏感な部位ですので、声がでてしまうような強い痛みを伴う場合があります。

次にアンダーヘアに関してです。

当然ですが、アンダーヘアをすべて施術してしまうと、もう一生生えてこない可能性がありますので、施術する際にはよく考えるようにしましょう。

エステで施術を行えばデザインを選べる場合もあります。この場合も施術が完了してしまえばもう変更することはできません。


とくに若い女性は将来のことも考え、冒険しすぎないことが大切です。


最後に施術を行うときには少なからず恥を捨てなければいけない点です。



もちろん施術は女性スタッフにしてもらうことになりますが、それでもデリケートゾーンを晒すことはとても覚悟のいることです。

紙製のショーツをずらして脱毛することが多いですが、Iラインなどを施術するときはやはり丸見えになってしまうことは避けられないでしょう。



脱毛は高額な買い物になりがちですから、「絶対に最後までしっかりと施術をうける」といった覚悟を忘れないことも大切です。